転職ナビ

50代で転職に失敗する人には,あるパターンがあります。

 

転職に失敗しないようにするために,自分がこのパターンに当てはまらないかどうか確かめておきましょう。


年収アップだけを目的として転職に望む

 

転職の目的が年収アップの場合,失敗することがおおいようです。

 

50代からの転職は,年収アップどころかむしろ減少することを前提として行わないといけません。

 

 

年収が減少してもいいから,今の仕事を離れてこの仕事につきたい,という気持ちを持って置かなければ,そもそも求人がありません。


 

高い給料をはらってでも雇いたいというほど高いポータブルスキルをもっていないと,難しいでしょう。

 

 

 

年収アップのみを目的にしていると,希望年収のしごとが提示されないまま長期化します。

 

長期化しても,待ったかいがあればいいのですが,多くはそんな機会は来ないまま,歳を重ねていくことになります。

 

 

年収アップという条件を自分から取り下げる頃には,失敗経験ばかりが増えており,現状は変わらないまま,ということになるでしょう。

 

 

年収アップは,おまけでいい,と心得るべしです。

 

 

 

 

自分の能力を過大評価している

50代の転職が失敗する例として多いのは,自己の能力の過大評価です。
現在の自分の給料,役職は,自分の能力をそのまま測れるものではありません。
その会社の中でのみ,通用するものです。

 

フラットな自己分析

自己の能力は,フラットな自己分析によるものでなければなりません。
つまり,客観的な評価です。

 

このような評価は自分ではなかなか難しいものですが,転職エージェントがついていると,そのやり方について紹介してくれるのです。

 

 

企業が求める能力を理解する

また,企業は,自分の能力を必要としているのかという客観的な判断が必要です。
企業は,あなたの現在の給料や役割をほしいと思っているわけではありません。

 

社会人として培ってきた総合力を求めているのです。

 

人に教える力,人をまとめる力,マネジメントスキルなど,どこに言っても通用する能力,ポータブルスキルを持ち合わせているのかどうか,もう一度自己評価し直してみることが大切ですね。

 

入りたい企業に入ろうとする

よく転職の相談に持ち込まれるのが,「こんな企業に入りたい」という,こちらの要望が強い案件です。

 

しかし,これまで見てきたように,それでは失敗する可能性が高いです。

 

それは,自分で自分の可能性を狭めているからであると言えます。

 

入りたい企業に入ろうとするのではなく,「求められている企業へ就職しよう」という考え方に転換することが必要です。

 

郡山史郎さんの著書,「定年前後のやってはいけない」では,「定年後,仕事が見つかる人,見つからない人」の中で,ある典型的な二人の事例を紹介しています。

定年前後の「やってはいけない」 人生100年時代の生き方、働き方/郡山史郎【1000円以上送料無料】

1045円

 

ふたりとも,定年まで準大手の技術部長として働いており,年に1200万円程度の給料をもらい,その能力もさほど変わらないということでした。

 

そのひとりは,定年後の転職時に紹介された中小企業の顧問の話を受け,20万という給料にプライドが許さず,月50万の給料の条件をつけて探してほしいといいます。
しかし,そんな条件での転職があるはずもなく,次第に自分の市場価値に気づいていき,どんどん条件を下げ始めました。

 

しかし,年とともにその条件ですら職がなくなっていき,とうとう再就職の意欲をなくしてしまったということです。

 

 

もうひとりは,同じ中小企業の顧問の話を受け,すぐに承諾。
その積極的な働き方から他からも声がかかり,結果,再就職後の初任給のはるかに高い額を稼ぐようになっているといいます。

 

その方は,

 

「そんなにたくさんのお金は必要としていません。何より自分の経験や技術がまだ必要とされていること,そしてそれを活かせる場を与えていただけることがう嬉しいのです。」

 

と言っていたということが掲載されていました。

 

 

以上のような失敗を起こさないためには,自分のフラットな市場価値を知っておくことと,求人のアドバイスなどを得られる相談相手をもっておくことが大切です。
リクナビNEXTに登録しておきましょう。

 

 

 

 


page top