定年転職ナビ

50代の人はどのくらい転職しているのか

転職

50代で転職を考えるのは無理だ,難しいなどとよく言われています。

 

ですが,今の会社の努めをそのまま続けていてもいいものかとなると,やはり転職という考えは捨てきれない。
そういう方も多いと思います。

 

一体,50代で転職をするのは無謀なのでしょうか。
30代ならまだしも,50代にもなって転職を考える自分がおかしいのでしょうか。
もう退職まであと10年を切ったのだから,このまま我慢してこの会社で勤め上げるほうがいいのではないでしょうか。

 

 

実は,50代で転職している人の数は,少なくないのです。

 

総務省労働力調査 の,年齢階級別転職者数及び転職者比率をグラフにしましたので見てみましょう。

 

水色のグラフが45〜54歳。緑のグラフが55〜64歳です。

 

転職

 

各年代とも転職者は確実に増えている中で,また,55〜64歳の転職数が,35〜44歳とほぼ同じくらい多いことがわかります。

 

50代の転職は,全体に比べても少なくはありません。

 

 

また,求人情報「MS-Japan」に登録している50代の数は,この5年間で2倍以上になっています。

 

さらに,日経の朝刊に,「50代の転職3年で倍増」」という記事もあります。

 

 

50代は,経験豊富な即戦力という見方が広がってきており,決して,転職を考えることは無謀でも無理でもないことがわかります。

 

人生100年時代を迎えた今,60歳定年後のキャリアを見据えた転職を考えるのは,当然という時代になっていくのは必然と言えます。

 

 

さらに,50代からの転職は,若い頃に比べてむしろリスクも減ってきているとも言えます。

 

転職は当然と考えて60代以降のキャリアを考える時代はすぐそこまできているといえるでしょう。

 



page top