定年転職ナビ

「転職へむけて自分もなにか始めたい」と思い,具体的な行動を始めたいけど,
「いったいなにを,どうしたらいいかわからない」
という方。

 

転職サービスがあることは知っていてもそれらがどんなもので,どのように違うのかまではわからず,困っている方。

 

そんな方のために,転職のさまざまな方法についてまとめてみました。

 

 


ハローワークのメリットデメリット

だれでも最初に思いつくのが公共職業安定所,ハローワークだと思います。

 

仕事がなくなったときに,ここで求人情報を探すという話はよく聞きますよね。

 

ハローワークのメリット

 

ハローワークで求人を探すメリットについては,以下のポイントがあげられます。

 

厚生労働省が行っている,古くからあるサービス

セミナーなども行われており,初めての人でも安心

 

全国に設置されている

 

その地域に根ざした求人情報があるので,その地域で探す人にとっては安心の選択だと言えます。

 

一定の求人数がある

 

誰でも利用できる

パソコンの検索で気になる求人を見つけたら,実際に応募もできます。

 

実際に,ハローワークで今の仕事を見つけたという人もいっぱいいます。

 

 

 

 

ハローワークのデメリット

 

在職中の人は,思うように利用できない

 

逆にハローワークのデメリットは,たくさんの人が来るため,端末が使えずにずっと待っていないといけない,思うように利用できない,という事が挙げられます。

 

また,平日は延長できた19時までで,週に何回かしかなく,土曜日は職員も少なくて相談に載ってもらいづらいということがあります。

 

仕事を持っている人が,ハローワークで転職のための求人探しをする,というのはなかなか難しそうです。

 

 

在職中の人には,仕事を紹介してくれない

 

ハローワークでは,職を持っている人には求人を紹介してくれないという傾向があります。

 

在職中に求人を探さないと,退職してから探していたのでは大変なリスクがあります。
だからこと在職中の求人探しをするのですが,ハローワークではそれが難しいのです。

 

 

 

ハイクラス向けや高収入の案件は少ない

 

ハローワークでは,零細企業も業績のよくあい企業も求人をだせます。

 

ということは,応募すること事態にリスクがある,という可能性もあるわけです。

 

 

営利企業ではないため,相談員の質に良し悪しがでる

 

ハローワークは公的な機関であるため,相談員には,何が何でも就職させなければ,という切羽詰まった気持ちはありません。

 

それが相談員の質を左右するという実態もあり,どうしても対応にばらつきがうまれてしまうようです。

 

したがって,内定率を上げたいという場合は,ハローワークだけではなく,他の転職サービスと併用し,自分の知識を高めつつ利用するというのがよいでしょう。

 

 

 

 


転職エージェントのメリット・デメリット

転職エージェントとは,キャリアアドバイザーによる相談を重ねながら転職をすすめるサービスです。

 

メリット

転職サポートを受けられる。

書類の書き方,面談のしかた,カウンセリング,退職の仕方
採用までのスケジュール調整を転職エージェントがやってくれる
面接日程や給料面・入社時期などの調整も可能

 

転職について相談できる人ができるのは心理的に安心です。

 

非公開求人も保有

非公開の求人に応募が可能
非公開求人数が約80%

 

企業面接のフィードバックを得られる

 

企業の社内雰囲気・裏情報を知れる

 

注意ポイント

転職エージェントが内定を保証してくれるわけではない

 

当たり外れ

転職サポートスキルはエージェントによって差がある

 

エージェント都合で会社を紹介されるケースもある
転職エージェントの強みを押し付けられることもある

 

相性があるので,いくつか経験してみること

 

近隣にエージェントがいない

地方在住の場合、近隣にエージェントが無
地方では転職サービス自体が使えない

 

求職者のレベルに合った求人紹介

採用の見込みがない求人に関しては紹介を控える傾向
あなたの学歴や社歴で応募企業の幅が決まってしまう
身の丈以上の企業を紹介してくれるエージェントは稀
年収や職種・役職を調整される可能性が大きい

 

紹介までのリミットは3ヶ月しかない

転職時期が決まっていないと後回しにされる
逆に転職を急かされる事もある

 

転職エージェントが向いている人

今回が初めてという人
一人では不安という人
土日にサポートを受けられるため働きながら転職活動したい人
今後の転職業界や職種に悩んでいる方
未経験業界や職種にチャレンジしたい人
面接に自信がない|客観的目線で対策をしたい人
書類選考の通過率をできるだけ高めたい人
ブラック企業に引っかかりたくない人

 

 

転職エージェントの代表的なサービス

リクナビエージェント
パソナキャリア
DODA

 

 

保育士に特化した転職エージェント
保育・教育業界のスペシャリストが、ご希望に合った求人を複数ご紹介。
保育士特化型転職支援『イクシィ(IXYEE)』
https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=3B9HLU+E39MZM+4GMI+626XV


転職サイトのメリット・デメリット

転職サイトとは,登録しておくと掲載された求人に自ら応募できるサービスです。

 

リクナビNEXT

 

が有名ですね。

 

メリット

すぐに始められる

パソコンとネット環境さえあれば,今すぐに始めることができます。
転職サイトに登録して,あとは自宅のPCのやスマホで求人検索をおこなうことができます。

 

思い立ったらすぐに開始できるのが,転職サイトのよさです。

 

リクナビNEXT

 

に無料登録しておくと,下の図に見られるような,転職のノウハウについての細やかな情報を得ることもがきます。

 


転職エージェントでは,キャリアアドバイザーからさまざまなサポートを受けられますが,
転職サイトでは,それができないかわりに,オンラインの講座としてそれらを学ぶことができるようになっています。

 

すぐに転職する必要がない方などにおすすめです。登録だけしておいて,これらの講座で学びながら転職に備えるという形がよいでしょう。

 

自分のペース

サイトで求人検索を進めますから,自分のペースですすめることがえきます。

 

エージェントのように面談をすることはありません。
様々な診断ツールがあり,適性や条件などを絞り込みやすいのもサイトのよさです。
自分の好みの検索条件で様々な企業を探すことができます。

 

 

地方でも利用できる

転職エージェントは,地方だと利用しにくいですが,転職サイトは,地方でも気軽に利用できるという良さがあります。

 

求人の質が高い

 

ハローワークよりも高収入案件が多いなど,求人の質が高いのも転職サイトのメリットです。

 

エージェントよりも採用されやすい
>

同じ求人があった場合,エージェントと比較すると,採用されやすいというメリットがあります。

 

企業からすると,サイトのほうが広告掲載料が安いので,一人の枠にサイトからとエージェントからと二人来た場合は,サイトから選考するほうが安くつくからです。

 

スカウト機能があるサイトも

 

サイトの会員登録をしておくだけで,登録時に入力した条件等によるオファーが届くものもあります。

 

 

転職サイトのデメリット

 

一人でやるため,モチベーションが続かないことがある

転職サイトは自分のペースで行うことができるというメリットがそのままデメリットになることがあります。
いつでもできるということが,先延ばしになってしまったり,疲れているからとやめてしまったりするなど,モチベーションが続かなくなることは気をつけておくべきことです。

 

エージェントなら面談が設定されていますし,それなりの料金もしはらっていますので,それが自分のモチベーションを保ち続けていくポイントとなるわけです。

 

また,自分の希望する条件をあれこれいきあたりばったり選定して,膨大な求人の中からいつまでも絞れないということもあります。

 

したがって,転職サイトのよさを活かすには,明確な求人選定の意図や軸を持っておく必要があります。

 

 

エージェントのようなサポートがうけられない

 

転職エージェントと違って,転職の作業は全て一人で進めていくことになります。
書類の準備,退職など,すべて一人で演る必要があります。

 

落ちた理由がわからない

 

もち落ちたときに,エージェントだとそれがフィードバックされますが,サイトでは落ちた理由がわからないので,次回のための対策を練りにくいことがあげられます。。

 

エージェントと比べると求人が少ない

エージェントは,一般に公開されていない求人情報を持っています。
サイトには,非公開求人は掲載されません。
したがって,エージェントに比べて求人が少ないと言えます。

 

応募が多く合格率が低い傾向

転職サイトは基本的に無料で利用できますが,そのため一つの求人に対し応募が多くなります。
そのため合格率が低くなることがあります。
また,求人を出す企業にとっては,無料で応募してきている応募者はエージェント経由よりも質が低いという印象を持たれることもあります。

 

その他

転職サイトでは,掲載されている情報が全てですから,その企業の詳細がわかりづらい。
ブラック企業の求人であることがわからない
等のデメリットもあります。

 

転職サイトに向いている人

 

自分のペースで転職まですすめることができる人や,自分で全てデキる人。今すぐ転職しなくてもいい人が転職サイトに向いていると言えるでしょう。
逆に,サポートなしでは転職までおぼつかない方はエージェントを利用するほうがいいでしょう。

 

 

代表サービス
リクナビNEXT

 


page top