定年転職ナビ

タクシー運転手は,50代以上でも未経験者でも転職が可能で,やりがいのある仕事です。

 

では,どんな人がタクシー運転手に向いているのでしょうか。

真面目で向上心のある人

タクシードライバーは,やる気があれば,歩合制でどんどん稼ぐことができます。

 

つまり,真面目で向上心のある人向いているといえます。

 

 

いくらやる気が合っても,勉強し向上し続ける姿勢と意欲がなければ売上は増やせません。
しかし,いつもお客さんを効率的に見つけるにはどこにいつ言ったらいいかなどを考えているような人は収入を増やすことができます。

 

この点が,やりがいのあるポイントでもあります。

 

自分の才覚ひとつで成果を出せるわけです。

 

 

自己管理にたけた人

タクシードライバーは,隔日勤務など,通常の会社とはちがった変則的な勤務形態です。

 

1日24時間働いたら,次の日はまる1日休みというように,毎日決まった時刻に出社,退勤というわけではないのです。

 

 

このような勤務形態で大事なのは,自身の健康管理です。

 

つい飲酒しすぎるような性向のある人は,やっていくのが難しいかもしれません。
しかし,自分できちんと健康管理できる人ならば,だれでもタクシードライバーに向いていると言えます。

 

特に50代以降のサラリーマンは,このような基本的な生活の土台はきちんとできている人がほとんどなので,この点はクリアできるでしょう。

 

 

 

 

真面目な人

タクシードライバーは,交通ルールを平気で無視し,がんがん道路を飛ばしたり,無理に割って入ったりといったイメージがありませんか?

 

しかし,そういう運転をするのは稀有な例。

 

実際には,お客さんに安心して乗ってもらい,快適な運転で満足してもらわなければならないので,安全運転を行っているのです。

 

常に,交通ルールを守って,安全運転を心がける真面目な人がタクシードライバーに向いているのです。

 

人のためになることが好きな人

タクシードライバー個人個人のサービスのよさが,会社への好印象を招き,選んで呼んでもらえる。

 

それがひいては,ドライバーたちの収入の増加に繋がります。

 

そのために,サービス精神,お客さんのためになりたいという気持ちの強い人がタクシードライバーに向いていると言えます。

 

 

タクシードライバーは,上司や同僚とチームを組んで行うわけではないので,自分のサービスを指導してくれる人はいません。

 

ですから,お客さんの反応などから自分のサービスを改善し,常に向上しようとし続ける意識を持っている事が大事です。

 

 

そのようなことに,やりがいを見いだせる人は,タクシードライバーに向いていると言えますね。

 

 

【P-CHAN TAXI】 では,顧客満足度を高める研修をしっかりしてくれるタクシー会社の求人を紹介してくれます。

 

 

page top